image転職でまずはじめに会うのは、人事の人

転職するときに、志望する企業で最初に会う人は人事部の方です。例えるならば、求職者にとっては会社の顔と言えると思います。企業にとって人事部は根幹的なる仕事であり、社員の登用、配属、移動などここがきっちり機能すると企業内が流暢にめぐります。社員の性質や能力を見紛え、ダメな配置換えをすると会社の体系が立ち行かなくなることもありうると思います。かいつまんで言えば、人事部にとって何をおいても必要なスキルはコミュニケーション力だと思われます。

image

社員とコミュニケーションを図り、会社の組織を設営していくのが業務と言えると思います。おまけに人事部では社内のクレームを取り計らうという、いざこざに対応する能力も乞われます。そのためには、長きにわたって、同一の企業に勤めて社員と意思の伝達をはかりクレームや騒動に生真面目に柔軟に対応しなくてはなりません。

会社にとって、人事部の人材を改めて採用する場合、その方が長く会社に勤めるかどうか、離職した理由は納得できないものではないかどうかを調べます。

人とのつながりで退職した人間は就職先でもうまくいかないものとみられ、雇うことを見送る企業もあるのではないでしょうか。

業務が社員の登用、配属、移動などの総括、福利厚生制度、雑多な保険手続きなど多様なため、柔軟な対応がスマートな人間を、おまけに総務を兼務している会社も多くあり、他の会社とも円満に付き合っていける人材が乞われていますし、書類整理能力も求められます。パソコンを使った書類作りや素晴らしい人材を雇うための提示するスキルも必要だと思います。このような広範囲にわたる業務を上手にこなせる、平衡感覚が重要かもしれません。

人事部に従事するには特別な資格は必要ないですが、あると転職に便利な資格があります。社会保険労務士です。それは人事に関したすべての業務に重宝する知識が得られ、採用から辞職するまですべての手続き上の書類を作り上げることができます。たとえるなら、人の差配ができる資格と言えます。